HOME  > こんな症状に  > 足の付け根の痛み
こんな症状に
<< 一覧に戻る

足の付け根の痛み

症状

歩き始めなど、縮んだ筋肉が急に伸ばされると、筋肉の付着部である足の付け根に痛みがでることがあります。

また、O脚など膝が内向きになる姿勢でいると、ももの内側の筋肉の内転筋が使われずに筋力低下をおこしたり、縮んだりするため、股関節を開いたときに痛みや張りを感じることがあります。

原因

デスクワーク、車の運転など、座っている時間が長かったり、骨盤が前に倒れるような姿勢がクセになっていると、股関節を曲げる筋肉の大腿四頭筋が縮んで短くなってきます。

施術

縮んで短くなった筋肉と動きの悪くなった関節を調整し、骨盤や股関節の歪みをとっていくことで、痛みを根本の原因から改善します。
必要に応じて、痛みの出にくい歩き方の指導や、関節を痛めない為の筋力トレーニングもとり入れていきます。

皆様の声 個室完備 facebook 大川カイロプラクティックグループとは? にしおぎ整体院ブログ 営業時間のご案内 ご予約・お問い合わせ 症例別の解説 頭・顔・首 肩・腕 腰・背中・胸 全体・自律神経系 臀部・脚 産前・産後のケア その他

ページトップへ