HOME  > こんな症状に  > 慢性疲労
こんな症状に
<< 一覧に戻る

慢性疲労

症状

たいして運動をしたわけではないのにすごく疲れてしまう。眠って起きても疲れが取れない。休みの日にも朝からだるく、活動する気になれない。顔色が悪いとよく言われる。座っていて立ち上がるときにたびたび立ちくらみがする。

原因

体への負担が大きすぎて、睡眠や休息による回復が追いつかなくなります。血流が悪く、呼吸が浅くなっているため、全身の細胞の栄養交換がうまくいかなくなります。
疲労した状態がストレスとなり、自律神経を緊張状態にする→血流が悪く筋肉が緊張する→痛みやだるさがストレスとなる→さらに自律神経が緊張する という悪循環に陥り、眠っている間も緊張が抜けないため、充分に回復できなくなってきます。体を動かした疲労でなく、頭を使ったり細かい作業をしたことによる疲労のため体を休めても脳が休まらなくなります。

施術

施術により、自律神経のリラックス神経(副交感神経)を働きやすくし、過剰な緊張状態(交感神経優位)を抑制し、徐々に両者のバランスを整えていきます。
歯ぎしりや歯の食いしばりにより硬くなったアゴの筋肉、ストレスで緊張した目のまわりの筋肉、首の筋肉などを緩めることで、全身の緊張を抜けやすくしていきます。
呼吸の仕方、眠る前のリラックス体操など、生活習慣に対するアドバイスも行っていきます。


皆様の声 個室完備 facebook 大川カイロプラクティックグループとは? にしおぎ整体院ブログ 営業時間のご案内 ご予約・お問い合わせ 症例別の解説 頭・顔・首 肩・腕 腰・背中・胸 全体・自律神経系 臀部・脚 産前・産後のケア その他

ページトップへ