HOME  > 施術方法TOP  > 肩こり・首こり
施術方法
<<施術方法TOPに戻る

肩こり・首こり

トップバナー②.png
このような症状でお悩みの方へ

 ☑ 肩がこる
 ☑ 肩こりが辛すぎて吐き気がする
 ☑ 首を反らすと痛みが出る
 ☑ 寝違えを定期的に起こす
 ☑ 肩こりで、頭痛や目の奥が痛む
 ☑ 視界がはっきりしない
 ☑ 慢性的に肩~背中に違和感があり、仕事に集中できない

このような辛い症状をお持ちの方は、当院にご相談ください。当院は肩こり・首コリの専門院です。

肩こり・首こりの症状

1ba51ddf321f0e82753433bf5a7d1bf9_s.jpg
主な初期症状としましては、重だるい痛み、違和感が常にある、腕が回し難い、などです。
そこからさらに肩こり・首こりが強まると、手の痺れ、頭痛、といった症状に発展してしまいます。

なぜ肩や首とは違う場所の手や頭に症状が出るのでしょうか?

それはトリガーポイントによって痛みがが引き起こされているのです。
トリガーポイントの説明についてはこちら)

マッサージしても治らない、少し良くなってもまたすぐこりや痛みが出る、という経験はないでしょうか?
それはトリガーポイントを施術していないからです。

肩こり・首こりの原因

肩こり・首こりの最も多い原因は、猫背や首を前に突き出した姿勢といった不良姿勢を、長時間し続ける事です。

ada5864d035ae5c0bf30c73ebfca7a59_s.jpg
人間の身体は動かさない事が最も良くないのです。血液循環が滞り、疲労物質も溜まっていく一方です。

一日中デスクワークをし、身体をほとんど動かさない、という方は、肩こり・首こりになる環境が出来上がってしまっています。

手術をするような症状ではないですが、四六時中こり感や慢性痛があると精神的にも辛いです。
仕事にも集中できず、会社を休むこともできない事でさらに精神的にダメージを受け、自律神経を興奮させ痛みが増す、といった悪循環に陥ってしまいます。

当院が行う施術

当院では3本柱のアプローチで施術していきます。

①筋肉に対するアプローチ

②関節に対するアプローチ

③姿勢・運動に対するアプローチ

詳しく説明いたします。


①筋肉に対するアプローチ
(トリガーポイントセラピー)


肩こり③.png
上のイラストが『肩甲挙筋』『頭板状筋』がトリガーポイントを形成した時の、痛みのパターンの図です。
肩のつけ根、肩甲骨周囲の痛みを出します。

僧帽筋のトリガーポイント.png
上のイラストは肩こり筋とも言われる『僧帽筋』のトリガーポイントです。
肩だけではなく、首や頭にも痛みを飛ばす可能性があります。

このような硬く凝り固まったトリガーポイントを緩め、血行を整えます。
当院ではトリガーポイントセラピーという手技的アプローチを行います。

施術写真2.JPG
※慰安目的のマッサージとは違い、症状改善の為の施術です。
※施術は、「効いている痛み」、といった感覚です。「不快な痛み」「不必要な痛み」は無いのでご安心ください。


②関節に対するアプローチ
(CMT、背骨・骨盤・その他関節の矯正)

筋肉の緊張により可動域制限がかかってしまった関節を調整し矯正いたします。
また、骨格の歪みを整える事で筋肉が疲労しにくい体に導いていきます。

_DSC6235.JPGのサムネイル画像
関節の矯正」と聞くと、力任せにボキっとされるイメージがあるかもしれませんが、
痛みは無く、必要以上の力は加えません。
それでも怖いという方には別の方法で行いますので、ご安心ください。

③姿勢・運動に対するアプローチ
(姿勢矯正、体操・ストレッチ指導)

慢性痛を引き起こしてしまう原因は、不良姿勢と運動不足にあります。
当院では、正しい姿勢を取り易くする体操・ストレッチをご指導させて頂いております。

カウンセリング様子.JPG
姿勢矯正というのは、身体に定着してしまった長年のクセを治していかなくてはなりません。
それには知識や心がけだけではどうにもならないものです。姿勢矯正の体操・ストレッチを実践して頂き、改善を目指します。

また、運動不足の方は、急にスポーツや激しい運動を行うと痛みが増してしまう事もあります。
当院では運動に対しても適切なアドバイスをさせて頂きます。


皆様の声 個室完備 facebook 大川カイロプラクティックグループとは? にしおぎ整体院ブログ 営業時間のご案内 ご予約・お問い合わせ 症例別の解説 頭・顔・首 肩・腕 腰・背中・胸 全体・自律神経系 臀部・脚 産前・産後のケア その他

ページトップへ