HOME  > 施術方法TOP  > ストレートネック
施術方法
<<施術方法TOPに戻る

ストレートネック

トップバナー②.png
このような症状でお悩みの方へ

 ☑ 肩こり・首こりが慢性的にある
 ☑ 首を後ろに反らすと痛みが出る
 ☑ 首の可動範囲が極端に少ない
 ☑ 頭痛がある
 ☑ 手が痺れる
 ☑ 目まい、耳鳴りがする
 ☑ こりが強すぎて吐き気がする
  頭が前に突き出ていて戻せない

このような辛い症状をお持ちの方は、当院にご相談ください。当院はストレートネックの専門院です。

ストレートネックとは

下のレントゲン写真は正常な頚椎です。

正常な頸椎①.jpg
人間の頚椎(首の骨)は前湾といって、湾曲カーブがあります。 
その角度が30~40度あれば正常値と言われています。

なぜこの前湾カーブが必要かというと、頭の重さを支えるために負担を少なくするためなのです。
頭の重さは成人男性で平均6Kg~8Kg。想像以上に重いのです。
前湾カーブがあればこの重さの負荷を分散させることができます。

ストレートネックとは前弯カーブが無くなってしまっている状態。
その名の通り頚椎が真っ直ぐです。

ストレート①.jpg
これではボーリングのボール位ある頭の重さの負荷が、首の付け根と、肩の付け根に集中してしまいます。
その重さに耐えきれなくなった筋肉が悲鳴を上げ、ガチガチにこり固まってしまいます。

固まった筋肉はトリガーポイント化し、痛みを出します。
トリガーポイントについて詳しくはこちら)
それも普通の肩こり・首こりとはレベルの違う痛みが出るため、症状が肩・首だけに留まらず、
頭痛や手の痺れ、目まいや耳鳴りにまで発展してしまう恐れがあるのです。

ストレートネックの原因

ストレートネックは生まれつきの症状と思われがちですが、それは違います。
元々正常な頚椎の前湾カーブがあった人が、いつの間にかストレートネックになってしまうのです。

では、なぜストレートネックになってしまうのでしょうか?
それは、『日常生活の姿勢』が最も大きな原因なのです。

では、どのような姿勢が原因なのでしょうか。
それは頚椎の前傾姿勢を長時間し続けること、つまり「頭のうつむき姿勢」なのです。

猫背姿勢①.JPG
背中が猫背で、肩が前に出ていて、骨盤が後ろに倒れている。その結果として頭が前に押し出されている姿勢。
このような姿勢をし続けた結果、徐々に頚椎の前湾カーブが失われ、ストレートネックが作り出されてしまうのです。


さらに以下のような環境がストレートネックを助長してしまいます。

 ☑ 長時間のパソコン作業
 ☑ 細かい作業のデスクワーク
 ☑ 電車移動で頭を前に倒した状態で寝る
 ☑ スマートフォンを長時間操作する
 ☑ 高い枕で寝ている


もちろん、一日やそこら頭のうつむき姿勢をしたからといってストレートネックになるわけではありません。
毎日の負担の積み重ねでストレートネックになるのです。

ストレートネックの確認方法

確定診断を受けたいのであれば、病院でレントゲンを撮るのが一番です。頚椎の形を目で見ることができます。

その他の方法としては、鏡の横に立って頭の位置を確認してみて下さい。

3f2e4e497bbcfec9fe718b9e18a26dd9_s.jpg
正常であれば耳の穴から真っ直ぐ線を引くと、肩の真ん中を通るはずです。
その直線が肩の位置より前にきていたらストレートネックの疑いがあります。

また、首を後ろに反らしてみて下さい。
正常であれば、目線が真上よりさらに後ろまで見えるはずです。
目線が真上以下までしか上げられないようだとストレートネックかもしれません。


当院が行う施術

当院ではストレートネックに対し、以下の専門的な施術を行います。

①痛みの原因であるトリガーポイントへのアプローチ

②頚椎の関節可動域を改善する

③ストレートネックの原因となる生活習慣を改善する

詳しく説明いたします。


①痛みの原因であるトリガーポイントへのアプローチ
(トリガーポイントセラピー)

ストレートネックが痛みを出しているわけではありません。
痛みの原因はあくまで、トリガーポイントが引き起こしているのです。
まずはトリガーポイントセラピーを行い、痛みを緩和させます。

施術写真2.JPG
また、トリガーポイントが改善されることで、筋肉が緩み、関節も動きやすくなります。

・慰安目的のマッサージとは違い、症状改善の為の施術です。
・施術は、「効いている痛み」、といった感覚です。「不快な痛み」「不必要な痛み」は無いのでご安心ください。


②頚椎の関節可動域を改善する
(CMT、背骨・骨盤・その他関節の矯正)

ストレートネックは頚椎の問題ですが、決して骨が変形しているわけではありません。
そのため関節が適切に動き、その上で歪みを矯正すれば、頚椎の前湾カーブは自然に戻ってくれます。

また、頚椎の矯正というと、骨をボキっとするイメージがあるかもしれませんが、そのような治療は行いません。

頚椎の調整.JPG

ストレートネックを無理に動かすのは大変危険です。
当院では関節モビリゼーションというソフトな施術でストレートネックを改善していきます。


③ストレートネックの原因となる生活習慣を改善する
(姿勢矯正、体操・ストレッチ指導)

ストレートネックの原因は日常生活の不良姿勢にあります。姿勢を改善できなければ、いくら当院で施術を行っても
またすぐに戻ってしまいます。
しかし、ストレートネックで染みついでしまった姿勢というのは、なかなか改善することが困難です。


カウンセリング様子.JPG

当院では、ストレートネック姿勢改善のための体操・ストレッチをご指導させて頂いております。
姿勢改善は一日で成せるものでは決してありません。当院スタッフの適切な指導のもと、改善を目指していきましょう!

施術前後.png

バナー ストレートネック.png

ストレートネックの具体的な症例はこちら


皆様の声 個室完備 facebook 大川カイロプラクティックグループとは? にしおぎ整体院ブログ 営業時間のご案内 ご予約・お問い合わせ 症例別の解説 頭・顔・首 肩・腕 腰・背中・胸 全体・自律神経系 臀部・脚 産前・産後のケア その他

ページトップへ