HOME  > 施術方法TOP  > 頭痛
施術方法
<<施術方法TOPに戻る

頭痛

トップバナー②.png
このような症状でお悩みの方へ

 ☑ 頭痛があって仕事に集中できない
 ☑ 目の奥や目の周りが痛む
 ☑ 朝起きると頭痛がある
 ☑ 週に2~3回は頭痛がある
 ☑ 頭が常に重く感じる
 ☑ こめかみを締め付けられるような痛みがある

359839307b6f4ced3a53cfa06eaea0e3_s.jpg
このような辛い症状をお持ちの方は、当院にご相談ください。当院は頭痛の専門院です。

頭痛の症状

頭痛にはいくつかの種類があります。
主な頭痛は以下の通りです。

〇慢性頭痛
・緊張型頭痛
・片頭痛
・群発頭痛

〇症候性頭痛
・脳腫瘍
・くも膜下出血
・脳梗塞

当院で施術対象としているのは『緊張型頭痛』す。
全頭痛の7割がこの『緊張型頭痛』と言われています。

『緊張型頭痛』とは、
肩や首の筋肉のトリガーポイントから引き起こされる頭痛です。

症候性頭痛のように脳に問題があるわけではなく、病気や怪我ではありません。
病院では問題なしとして、薬を処方される程度で済まされることが多い症状です。

しかし、命に別条がないと言って安心できるものとは限りません。
症状が悪化していくと、頭痛の頻度や痛みが上がり、より慢性化的な頭痛に発展してしまいます。

緊張型頭痛の要因と判別

以下のような環境が『緊張型頭痛』を生み出します

 ☑ 普段、運動をほとんどしない
 ☑ 目を酷使する作業が多い
 ☑ 朝起きると頭痛がある
 ☑ 姿勢が悪い
 ☑ 仕事の時間が長い
 ☑パソコンなどのデスクワーク仕事が多い

また、『緊張型頭痛』の特徴は以下の通りです。

 ☑ 肩・首こりと頭痛が連動している気がする
 ☑ 鋭い痛みはしない
 ☑ 重い痛みや締め付けられるような痛みがある
 ☑ 入浴など、温まると痛みが軽減する
 ☑ 頭痛薬で痛みが緩和される
 ☑ 首や肩をマッサージされると気持ち良さがある

01433a39ea04bb805b758e85d548d0dd_s.jpg
頭痛は判別が非常に大事です。
脳の病気や怪我が原因の頭痛に、当院で行う緊張型頭痛の施術を行うことは症状を悪化させることもあるので
上記に該当しない頭痛に関しては専門の医療機関を受診されてください。

当院が行う施術

当院では3本柱のアプローチで施術していきます。

①筋肉に対するアプローチ

②関節に対するアプローチ

③姿勢・運動に対するアプローチ

詳しく説明いたします。


①筋肉に対するアプローチ
(トリガーポイントセラピー)

トリガーポイント 頸部.png
※×の部分がトリガーポイント 
※赤い部分は実際に痛みを感じる場所

硬く凝り固まった筋肉を緩め、血行を整えます。
当院ではトリガーポイントセラピーという手技的アプローチを行います。

施術写真2.JPG
・慰安目的のマッサージとは違い、症状改善の為の施術です。
・施術は、「効いている痛み」、といった感覚です。「不快な痛み」「不必要な痛み」は無いのでご安心ください。


②関節に対するアプローチ
(CMT、背骨・骨盤・その他関節の矯正)

筋肉の緊張により可動域制限がかかってしまった関節を調整し矯正いたします。
また、骨格の歪みを整える事で筋肉が疲労しにくい体に導いていきます。

_DSC6235.JPGのサムネイル画像
関節の矯正」と聞くと、力任せにボキっとされるイメージがあるかもしれませんが、
痛みは無く、必要以上の力は加えません。
それでも怖いという方には別の方法で行いますので、ご安心ください。

③姿勢・運動に対するアプローチ
(姿勢矯正、体操・ストレッチ指導)

慢性痛を引き起こしてしまう原因は、不良姿勢と運動不足にあります。
当院では、正しい姿勢を取りやすくする体操・ストレッチをご指導させて頂いております。

カウンセリング様子.JPG

姿勢矯正というのは、身体に定着してしまった長年のクセを治していかなくてはなりません。
それには知識や心がけだけではどうにもならないものです。姿勢矯正の体操・ストレッチを実践して頂き、改善を目指します。

また、運動不足の方は、急にスポーツや激しい運動を行うと痛みが増してしまう事もあります。
当院では運動に対しても適切なアドバイスをさせて頂きます。


皆様の声 個室完備 facebook 大川カイロプラクティックグループとは? にしおぎ整体院ブログ 営業時間のご案内 ご予約・お問い合わせ 症例別の解説 頭・顔・首 肩・腕 腰・背中・胸 全体・自律神経系 臀部・脚 産前・産後のケア その他

ページトップへ