HOME  > 施術方法TOP  > 40肩50肩
施術方法
<<施術方法TOPに戻る

40肩50肩

トップバナー②.png
このような症状でお悩みの方へ

 ☑ 肩が上がらない
 ☑ 手を後ろに回せない
 ☑ 肩を上げると腕の付け根や肩甲骨が痛い
 ☑ 寝ていると痛みがうずく
 ☑ 寝返りを打つ度に痛みが出る
 ☑ 肩から二の腕にかけて、だるさが常にある
 ☑ 腕に痺れが出る事がある
 ☑ 過去に50肩の経験がある、繰り返している

このような辛い症状をお持ちの方は、当院にご相談ください。当院は50肩の専門院です。

【患者さんの声】 Tさん 40代 システムエンジニア

「時間が解決するのを待つしかないと思っていたのに、可動範囲が広くなり日常の痛みを感じる事は少なくなりました!」

IMG_0099.JPG辻さんアンケート.jpg

「肩こりに関しては毎日頭痛薬が必要なほどでしたが、今では全く飲む必要が無くなりました。
施術後には一人でも可能なストレッチなどを教わり、日々実践しております!」

40肩50肩の症状

50肩とは、肩関節が固まり可動域制限がかかってしまう症状です。
腕を上げる時に、肩から下までは上げられるのに、肩から上になると全く上げられなくなるのが特徴です。

d235df5944b572c5363e362792d5e229_s.jpgのサムネイル画像
初期は可動域制限だけだったものが、徐々に痛みを出すようになります。
腕を上げたり後ろに回したりすると肩関節や肩甲骨に痛みが出て、着替えるのも一苦労になっていきます。
さらに進むと、腕を動かさなくても痛みが出るようになります。
就寝時にうずくような痛みが出て眠れなくなることもあります。

50肩の特徴として、「ほっておいても治る」というのが特徴です。
数か月かけて徐々に痛みが増していくのですが、半年から1年、長くて2年で徐々に痛みや動きが回復していきます。

では病院や整体に行く必要はないの?と思われるかもしれませんが、そうではありません。
2年間まともに動かせなかった肩が、元通りの動きができる訳はありません。
痛みは落ち着いたが肩の動きは相変わらず悪い、という方がほとんどです。
また、50肩は一度治っても数年後また再発することがしばしばあります。
再発するのは肩の動きが悪いまま放置してしまっているからです。

また、50肩の初期段階でしっかりした施術を行っていれば治りも早まり、2年間も苦しむ必要は無くなります。
そういった意味では安静にしていてはいけない症状と言えます。

40肩50肩の原因

主な原因の1つは、肩関節の周囲の組織に炎症が起きることがきっかけとなります。
肩関節に炎症が起きるケースとは何でしょうか?

一番多い例としては、週末のゴルフです。

5c5838bea0288e075050cd227167dc26_s.jpg
平日はデスクワークをして肩こりを抱えた状態で、週末に一気にドライバーを振り回す。
柔軟性を失っている肩の筋肉は振り回される動きに対応できず、ダメージを受け、筋肉は損傷し炎症を起こす。
炎症を頻繁に繰り返すうちに、肩関節と周囲の組織に癒着を生じさせる。肩の動きが悪くなる。
これが50肩になる1つのパターンです。

また、ゴルフやテニス、野球などのスイング動作だけでなく、長時間腕を上げて作業することも肩にダメージを与えます。
パソコン作業のような手を前に出し続ける姿勢でも50肩の原因となります。
これは炎症が起こっているわけではないのですが、特定の筋肉が過剰に緊張することで、肩を取り巻く筋肉バランスが崩れ、50肩になるパターンです。

50肩の原因や施術対象部位は1つではありません。それぞれに合った施術を行う事が必要です。

当院が行う施術

当院では3本柱のアプローチで施術していきます。

①筋肉に対するアプローチ

②関節に対するアプローチ

③姿勢・運動に対するアプローチ

詳しく説明いたします。


①筋肉に対するアプローチ
(トリガーポイントセラピー)

50肩を改善するために、まずは筋肉のバランスを整える事が何より大事です。
肩を上げる筋肉(棘上筋)、内側に回す筋肉(肩甲下筋)、外側に回す筋肉(棘下筋)
が正常に機能していないと肩を満足に動かす事ができません。

2-21棘上筋①.jpg
2-21棘上筋②.jpg


肩の筋肉だけではなく、首の筋肉(斜角筋など)や腕の筋肉(上腕二頭筋など)も50肩に
大きく影響していますので、合わせて調整していきます。

2-20斜角筋.jpg

硬く凝り固まった筋肉を緩め、バランスを整えます。
当院ではトリガーポイントセラピーという手技的アプローチを行います。
トリガーポイントについて詳しくはこちら)
施術写真2.JPG
・慰安目的のマッサージとは違い、症状改善の為の施術です。
・施術は、「効いている痛み」、といった感覚です。「不快な痛み」「不必要な痛み」は無いのでご安心ください。


②関節に対するアプローチ
(CMT、背骨・骨盤・その他関節の矯正)

50肩は関節の動きが制限されている事がほとんどです。
鎖骨、肩、肩甲骨といった骨と関節の動きを正常に戻していきます。

50肩調整.jpg
関節の矯正」と聞くと、力任せにボキっとされるイメージがあるかもしれませんが、
痛みは無く、必要以上の力は加えません。
それでも怖いという方には別の方法で行いますので、ご安心ください。

③姿勢・運動に対するアプローチ
(姿勢矯正、体操・ストレッチ指導)

50肩はエクササイズが非常に大事です。
肩を動かすと痛むので、安静にしてしまいがちですが、そうすると改善が遅れてしまいます。
かといってやみくもに動かすとさらに症状が悪化してしまいます。


カウンセリング様子.JPG

当院では適切なエクササイズやストレッチをご指導させて頂いております。
是非一度ご相談くださいませ。

40肩50肩の具体的な症例はこちら

皆様の声 個室完備 facebook 大川カイロプラクティックグループとは? にしおぎ整体院ブログ 営業時間のご案内 ご予約・お問い合わせ 症例別の解説 頭・顔・首 肩・腕 腰・背中・胸 全体・自律神経系 臀部・脚 産前・産後のケア その他

ページトップへ