HOME  > 施術方法TOP  > ゴルフ肘・テニス肘
施術方法
<<施術方法TOPに戻る

ゴルフ肘・テニス肘

トップバナー②.png
このような症状でお悩みの方へ

  ゴルフのインパクト時に痛みが出る
  肘が曲がる動作で痛む
  ゴルフでダフって痛め痛みが治らない
  スマッシュで痛めその痛みが治らない
  ぞうきんを絞る動作が痛い
  肘を伸ばしきれない
  物を持つと肘が痛い
  肘だけでなく手首も痛い

22699efb17d9d88635d421da34bfb7cf_s.jpgのサムネイル画像

このような辛い症状をお持ちの方は、当院にご相談ください。当院はゴルフ肘・テニス肘の専門院です。

ゴルフ肘・テニス肘の症状

『ゴルフ肘』は『上腕内側上顆炎』の事です。


上腕骨内側上顆.jpg
軽度の場合は日常生活に支障はありませんが、スイング動作で肘の内側に鋭い痛みが出ます。

また、ゴルフ肘でも上腕外側上顆炎のパターンがあります。
パソコン仕事や育児などで腕の筋肉を酷使している方はこのような、肘の外側に痛みが出ます。
スイングのフォームによって内側を痛めやすい、外側を痛めやすい、があります。
『テニス肘』は「フォアハンドストローク」で痛めた場合は『上腕骨内側上顆炎』です。
「バックハンド」で痛めた場合は『上腕骨外側上顆炎』になります。

このようにゴルフとテニスのどちらも同じように痛める可能性があります。

症状の程度は様々で、プレイ中だけ痛いという方もいれば、ドアノブを捻るだけでも痛いという方もいらっしゃいます。
hand2a-1024x682.jpg

病院等で治療する場合、アイシング・湿布・電気治療・サポーターを勧められるかと思います。
また、「筋肉疲労が原因だからゴルフ・テニスはしばらく控えて安静に!」と言われたのではないでしょうか。

それで改善すればよいですが、多くの場合良くなりません。
病院の次の一手としては、局部麻酔注射や、副腎皮質ステロイド注射です。
一時的に痛みは治まりますが、しばらくするとまた痛みが出てしまいます。
特にステロイド注射は筋肉の組織をより固めてしまい、余計に治りづらくしてしまう事があります。

ゴルフ肘・テニス肘は病院で治す症状ではありません。
筋肉、骨格の歪み、痛めやすいフォーム、日常生活の負担、アフターケア、これらを改善する必要があります。


ゴルフ肘・テニス肘の原因

ゴルフ肘・テニス肘になりやすい典型的なパターンは、

 ☑ 平日の仕事はデスクワーク
 ☑ パソコンで腕や肩を酷使している
 ☑ 猫背姿勢で首や肩が前に出ている
 ☑ ゴルフかテニス以外に体を動かさない
 ☑ 準備体操や整理体操はしない
 
上記のような方はゴルフ肘・テニス肘になる条件が揃ってしまっています。
このような日常を繰り返して、ある時、固い体を無理やり動かした瞬間だったり、ダフった瞬間にゴルフ肘・テニス肘になるのです。

ゴルフ ヘタ.jpg
ゴルフ肘・テニス肘の初期の痛みは上腕骨内・外上顆炎なのですが、安静にしていても治らない痛みに関しては炎症の痛みではありません。
『トリガーポイントの痛み』に移行しているのです。
トリガーポイントについて詳しくはこちら)

肘の内側の痛みに関しては『撓側手根屈筋』『尺側手根屈筋』『円回内筋』という肘を曲げたり、内側に捻じったりする筋肉にトリガーポイントが形成されて痛みが出ます。
肘の外側の痛みは、『長撓側手根伸筋』『短撓側手根伸筋』『尺側手根伸筋』という腕を外側に動かす筋肉にトリガーポイントが形成されています。

これらのトリガーポイントを解除することで痛みの主因は改善されます。
さらに手首、肩、腰、股関節の可動域制限を改善することで、より痛みが出ない体を作っていきます。


当院が行う施術

当院では3本柱のアプローチで施術していきます。

①筋肉に対するアプローチ

②関節に対するアプローチ

③姿勢・運動に対するアプローチ

詳しく説明いたします。


①筋肉に対するアプローチ
(トリガーポイントセラピー)

※×の部分がトリガーポイント 
※赤い部分は実際に痛みを感じる場所
トリガーポイント 腕部.png
ゴルフ肘・テニス肘の痛みの多くが腕の筋肉なのですが、肩や背中などのトリガーポイントが腕に痛みを出している事があります。
痛みの発信源を特定し、痛みが出ない身体づくりを目指します。


8575ff7796a77ecf30310c7c6ac88d0a-600x293.jpg

硬く凝り固まった筋肉を緩め、血行を整えます。
当院ではトリガーポイントセラピーという手技的アプローチを行います。

f7bde3bf173d315aedb5fd2375e3118c_s.jpg

・慰安目的のマッサージとは違い、症状改善の為の施術です。
・施術は、「効いている痛み」、といった感覚です。「不快な痛み」「不必要な痛み」は無いのでご安心ください。


②関節に対するアプローチ
(CMT、背骨・骨盤・その他関節の矯正)

筋肉の緊張により可動域制限がかかってしまった関節を調整し矯正いたします。
また、骨格の歪みを整える事で筋肉が疲労しにくい体に導いていきます。

腱鞘炎.jpgのサムネイル画像
肩や腰の可動域が低下すると、ゴルフやテニスで正しいフォームを作る事ができません。
正しいフォームというのはパフォーマンスの向上だけでなく、怪我や痛みが出にくいフォームなのです。
身体が動かないあまりに、力任せにスイングしたり、スマッシュ時に肩関節や手首の関節を痛める事が多いです。

※関節の矯正」と聞くと、力任せにボキっとされるイメージがあるかもしれませんが、痛みは無く、必要以上の力は加えません。

③姿勢・運動に対するアプローチ
(姿勢矯正、体操・ストレッチ指導)

ゴルフやテニスのプレイ中だけが問題ではありません。
むしろ日常生活の姿勢や悪いクセが痛みを生み出す根本原因なのです。

当院では、正しい姿勢を取りやすくする体操・ストレッチをご指導させて頂いております。

カウンセリング様子.JPG

姿勢矯正というのは、身体に定着してしまった長年のクセを治していかなくてはなりません。
それには知識や心がけだけではどうにもならないものです。姿勢矯正の体操・ストレッチを実践して頂き、改善を目指します。
また、関節可動域の向上を目的とした体操ストレッチもご用意しております。

当院では、ゴルフやテニスの技術は教えられません。
しかし、正しい身体の使い方や、身体のケアの仕方をアドバイスさせて頂き、痛みの出ない健康的な身体作りのお手伝いを致します。

ゴルフ肘の具体的な症例はこちら


皆様の声 個室完備 facebook 大川カイロプラクティックグループとは? にしおぎ整体院ブログ 営業時間のご案内 ご予約・お問い合わせ 症例別の解説 頭・顔・首 肩・腕 腰・背中・胸 全体・自律神経系 臀部・脚 産前・産後のケア その他

ページトップへ