HOME  > 症例集TOP  > 【ストレートネック】首・肩の強い痛み、病院でストレートネックと診断された 20代女性 会社員
症例集
<<症例集TOPに戻る

【ストレートネック】首・肩の強い痛み、病院でストレートネックと診断された 20代女性 会社員

ストレートネック症状.png
「とにかくこの首・肩の慢性痛と頭痛をどうにかしてほしい!」

このような症状でご来院されました。

原因分析

373056.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像
Sさんは病院のレントゲンで、首の形が真っ直ぐになってしまっている写真を見せられて、
「他の人とは違う首の骨の形なのか。だからこんなに首が辛いんだ!」と思ったそうです。
しかし、ストレートネックというのは生まれつきのものでは無く、生活習慣が原因でなってしまうものです。
ストレートネックについて詳しくはこちら)

Sさんの仕事は一日中パソコン仕事で、ほとんど外出しない。仕事以外でも運動はほぼしない。
姿勢は悪く、猫背姿勢。パソコン仕事なので、首を前に突き出し、肩を前に出す、という姿勢をし続けていました。
このような生活習慣がストレートネックの原因と考えられます。

頚椎(首の骨)の可動域を検査したところ、どの動きも悪く、首を後ろに反らす動きでは痛みが出た。
肩の可動域は右肩が特に悪く、腕を後ろに回す動きで肩に痛みが出た。
ストレートネックによる筋肉疲労で、トリガーポイントが多く発生している事が検査で見て取れた。

施術経過

初回施術
まずは痛みの元凶となっているトリガーポイントを施術していく。
首・肩・背中にトリガーポイントがいくつもあったので、一つ一つ丁寧に緩めていきました。

頚椎の前湾カーブを取り戻すため、首を反らす可動域をつけていきました。
少し反らしただけでも痛みがあったため、時間をかけソフトな方法で関節の固さを取っていきました。
施術後はストレートネックを改善するエクササイズを覚えて頂きました。

施術2回目
前回から3日後にご来院。首・肩の痛みは少し減ったが、依然として残っている。頭痛は出ていないとの事。

前回の施術に加え、肩の内旋(内肩姿勢)の矯正を行いました。
施術後は肩甲骨を動かすエクササイズを覚えて頂きました。

施術3回目
前回から5日後にご来院。痛みが半分位に減ったとの事。
こちらで覚えて頂いたエクササイズをすると辛さが軽減する事を実感しているそうでした。

施術は前回と同様。トリガーポイントが大分緩まっていました。
施術後は内肩矯正のストレッチを覚えて頂きました。

施術4回目
前回から3日後にご来院。痛みが軽減し、気にならない時間が増えたとの事。
薬を飲まなくていいので仕事がはかどる、と仰られていました。

施術は前回と同様に加え、関節可動域をつけるためのモビリゼーションを行いました。
施術後は骨盤のストレッチを覚えて頂きました。

施術5回目
前回から7日後にご来院。コリ感はあるものの、痛みはほとんど感じなくなったとの事。
トリガーポイントも、痛みが出ないレベルまで緩まっていました。
Sさんの場合エクササイズをしっかり行って頂いていたので改善が理想的に進みました。

施術は前回と同様。
施術後は正しい姿勢について覚えて頂きました。

メンテナンス
頚椎の関節可動域も大分改善され、前湾カーブも出来てきました。
Sさんもストレートネックが気にならなくなってきたと仰られていました。

今後はまた新たな痛みが出ないように、定期的に通って頂いています。
身体を動かす事にも積極的になり、ランニングもし始めたそうです。


皆様の声 個室完備 facebook 大川カイロプラクティックグループとは? にしおぎ整体院ブログ 営業時間のご案内 ご予約・お問い合わせ 症例別の解説 頭・顔・首 肩・腕 腰・背中・胸 全体・自律神経系 臀部・脚 産前・産後のケア その他

ページトップへ