HOME  > 症例集TOP  > 【ゴルフ肘】ゴルフクラブを振ると肘が痛い 50代男性 自営業
症例集
<<症例集TOPに戻る

【ゴルフ肘】ゴルフクラブを振ると肘が痛い 50代男性 自営業

症例 ゴルフ肘.png
「病院の先生に安静にしなさいと言われゴルフを控えているのに、何週間経っても治らない!」

このような症状でご来院されました。

原因分析

373056.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像
左肘を痛めた原因はスイング改造によって、特定の筋肉に過剰な負荷をかけ続けてしまった事だと思われる。
慣れない動きのため、力が無駄に入ってしまったり、上手くない動きをしていたかもしれない、と仰られていました。

Kさんの場合、左肘の『撓側手根伸筋』という筋肉にトリガーポイントが形成されていました。
スイング動作の中で外側に強く振る時に使う筋肉です。
この筋肉に負荷をかけ過ぎたのでしょう。

筋肉疲労の段階ならしばらくすれば自然治癒しますが、トリガーポイントは安静にしていても改善しません。
直接トリガーポイントを緩めていかなくてはなりません。

また、動作検査を行ったところ、肩関節や手首の関節に可動域制限がありました。
姿勢も猫背姿勢でしたので、これらも肘の痛みを生み出す大きな原因となるものです。


施術経過

初回施術 
痛みの発信源である『撓側手根伸筋』を含めた伸筋群のトリガーポイントを緩める。
左腕全体の筋肉の緊張を解き、血流の流れを良くする。
肩の関節、手首の筋肉を緩め、関節のモビリゼーションを行い、可動域を広げていく。

施術後は腕の筋肉のストレッチを覚えて頂きました。

施術2回目
前回施術から2日後にご来院。軽くスイングすると肘の痛みはまだあるとの事。
施術は前回と同様。

施術後は肩の動きを良くするストレッチを覚えて頂きました。

施術3回目
前回施術から3日後にご来院。肘の痛みは半分位に減ったとの事。
施術は前回のものに加え、背中~腰の筋肉の緊張を解きました。

施術後は肩甲骨の動きを良くする体操を覚えて頂きました。

施術4回目
前回から5日後にご来院。肘の痛みは大分無くなったのですが、打ちっぱなしを80球ほど打ったら少し違和感はあったとの事。
施術は前回のものに加え、骨盤周りの緊張を解いていきました。

施術後は腰の動きを良くするストレッチを覚えて頂きました。

施術5回目
前回から5日後にご来院。練習でも痛みはほとんど感じなくなったとの事。まだ張り感はありました。
施術は前回と同様。

施術後は骨盤の体操を覚えて頂きました。

施術6回目~メンテナンス
前回から1週間後にご来院。痛みが出ない状態を維持できているとの事。
仕事の疲れや、ゴルフ後の身体のメンテナンスのために定期的に通って頂いております。
姿勢はまだ猫背姿勢になりがちなので、姿勢の矯正や、背筋を伸ばすストレッチ等も随時覚えて頂いております。

皆様の声 個室完備 facebook 大川カイロプラクティックグループとは? にしおぎ整体院ブログ 営業時間のご案内 ご予約・お問い合わせ 症例別の解説 頭・顔・首 肩・腕 腰・背中・胸 全体・自律神経系 臀部・脚 産前・産後のケア その他

ページトップへ