HOME  > 症例集TOP  > 【手の痺れ】朝起きると手が痺れる、病院では異常なしと診断された 30代女性 事務職
症例集
<<症例集TOPに戻る

【手の痺れ】朝起きると手が痺れる、病院では異常なしと診断された 30代女性 事務職

症例 手の痺れ.png
「何が原因で手が痺れているか分からない!病院では異常は無いと言われたが、一向に良くならない」

このような症状でご来院されました。

原因分析

373056.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像
痺れという症状は、神経圧迫によって起こります。
Aさんの場合、病院の検査で異常なしと診断されていたので、骨や椎間板による神経圧迫は無いと判断する。
手の痺れを出しやすい首・肩の筋肉を触診したところ、『斜角筋』と『胸鎖乳突筋』に強い固さが感じられた。
痺れを誘発するテストを行ったところ、痺れが実際に出たので、この筋肉が原因と判断しました。

Aさんは仕事が一日中パソコン仕事という事なので、首・肩に負担をかけ続けていたと思われます。
元々肩こりは慢性的にあったそうなのですが、最近仕事が忙しくなり負担をかける度合いが強まった事から、
神経圧迫を起こすほどの筋肉の固さになったのでしょう。

仕事中、首を前に突き出すような姿勢を取り続けているせいで、仕事以外の時もその姿勢になってしまっていました。
寝ている時も首の筋肉の緊張が抜けない状態だと、朝は首が特にガチガチになるので、痺れが出てしまっていたのでしょう。

枕もあまり首に良くない高さのものを使用していたようですので、枕を代える必要もあります。

手の痺れについて詳しくはこちら

施術経過

初回施術
まずは手の痺れの元凶である『斜角筋』『胸鎖乳突筋』を緩めていく。
首、肩、肩甲骨回りの筋肉を緩め血液の循環を促していく。
頚椎の関節可動域を取り戻し、頭を後ろに引けるようにする。

枕などの寝具についてもアドバイスをさせて頂きました。

施術後は頚椎のエクササイズを覚えて頂きました。

施術2回目
前回から3日後にご来院。手の痺れは2割ほど減ったとの事。
施術は前回と同様。

施術後は肩甲骨のエクササイズを覚えて頂きました。

施術3回目
前回から3日後にご来院。朝の手の痺れが出ない日があったとの事。
施術は前回の施術に加え、背骨~骨盤周囲の筋肉を緩めました。

施術後は肩を開くストレッチを覚えて頂きました。

施術4回目
前回から4日後にご来院。手の痺れは3割くらいになり、朝の痺れは感じなくなったとの事。
施術は前回の施術に加え、肩・腰の骨格の歪みを調整しました。

施術後は骨盤を立ち易くするストレッチを覚えて頂きました。

施術5回目~メンテナンス
前回から10日後にご来院。首のこりは感じるものの、手の痺れは感じなくなったとの事。
仕事は相変わらず忙しく、首・肩に負担が掛かるため、メンテナンスとして定期的にこちらに通って頂いております。

姿勢改善を進めていくことで、痺れや疲れが出にくい身体を目指して頂いています。

皆様の声 個室完備 facebook 大川カイロプラクティックグループとは? にしおぎ整体院ブログ 営業時間のご案内 ご予約・お問い合わせ 症例別の解説 頭・顔・首 肩・腕 腰・背中・胸 全体・自律神経系 臀部・脚 産前・産後のケア その他

ページトップへ