HOME  > 症例集TOP  > 【慢性疲労症候群】仕事の疲れが抜けない。朝起きてから一日中だるい 30代男性 システムエンジニア
症例集
<<症例集TOPに戻る

【慢性疲労症候群】仕事の疲れが抜けない。朝起きてから一日中だるい 30代男性 システムエンジニア

症例 慢性疲労症候群.png

「全身の疲労が抜けなくて、精神的にも辛い!病院に行っても自律神経の問題と言われるだけで解決しない。」

このような症状でご来院されました。

原因分析

373056.jpgYさんのお身体を診させていただいたところ、背中上部の肩甲骨周りにトリガーポイントが多数みられました。

このトリガーポイントによって慢性的に肩に重りを背負っているような感覚を感じてしまっていました。

また、肩甲骨がガチっと固まる事によって胸郭(肺を包んでいる部分)が上手く広げられず、呼吸が浅くなっていたようです。
呼吸が浅くなれば当然、酸素を取り込む量が減るので、息切れしたり、すぐ疲れたりしてしまいます。
肩甲骨周りのトリガーポイントを緩め、胸郭が広がりやすくする必要があります。

また、全身が力んでおり、力が抜けない状態でした。無意識的に力が入ってしまうようで、仕事が忙しい方によくある症状です。
力を抜いてくださいと言っても抜けない状態でしたので、全身の筋肉を緩める必要があります。
筋肉が緩まることで、血液循環を促されて身体がリラックスし、力が抜けるようになります。

疲労がありすぎて、身体を動かす気にもなれないようでしたが、人間というのは適度に体を動かすことで疲労感が抜けたり、
前向きな気持ちになれるので、エクササイズやストレッチも覚えて実践していただく必要があります。

施術経過

初回施術
動作テストを行ったところ、普段身体をほとんど動かさないせいか、どの動きにも可動域制限が見られました。
姿勢は猫背姿勢で、肩は内巻きです。この姿勢では呼吸が浅くなる一方なので、まずは胸郭周りを重点的に施術を行いました。

肩~肩甲骨周りのトリガーポイントを一つずつ丁寧に緩めました。
首のトリガーポイントを緩めることによって頭に行く血液循環を促しました。
全身の筋緊張を取り、力を抜いてリラックスできるように促していきました。

施術後は、肩甲骨を動かすエクササイズを覚えて頂きました。

施術2回目
前回施術後から4日後にご来院。施術後は身体が楽になりよく眠れたとの事。
3日目位からまた重だるさが戻ってきてしまったようです。

施術は前回に加え肩の内巻きを矯正する施術を行いました。

施術後は大胸筋のストレッチを覚えていただきました。

施術3回目
前回施術から3日後にご来院。肩甲骨の重だるさが軽減し、呼吸も深くなったとの事。

施術は前回と同様。

施術後は背骨を動かすエクササイズを覚えて頂きました。

施術4回目
前回施術から3日後にご来院。大分全身の疲労感が抜けてきたとの事。エクササイズやストレッチも積極的に行っているそうです。

施術は前回に加え、骨盤の位置を整える施術を行いました。

施術後は骨盤のストレッチを覚えて頂きました。

施術5回目~メンテナンス
慢性疲労が大分抜けてきたので、来院ペースを1週間に1度にして頂きました。

疲労感が抜けてきたせいか、身体を動かすことにも積極的になり、週に2回ランニングをしているとの事。
身体を動かすことが慢性疲労軽減に効果があることを実感できているようです。
今後は来院ペースを2週に1度を目標にメンテナンスを続けて頂いております。

皆様の声 個室完備 facebook 大川カイロプラクティックグループとは? にしおぎ整体院ブログ 営業時間のご案内 ご予約・お問い合わせ 症例別の解説 頭・顔・首 肩・腕 腰・背中・胸 全体・自律神経系 臀部・脚 産前・産後のケア その他

ページトップへ