HOME  > 症例集TOP  > 【ぎっくり腰】前かがみになった瞬間に腰に痛みが走った。 30代男性 料理人
症例集
<<症例集TOPに戻る

【ぎっくり腰】前かがみになった瞬間に腰に痛みが走った。 30代男性 料理人

症例 ぎっくり腰.png
グキッとやって以来、腰を曲げるだけで痛い!関節がずれているの?腰
がどうなっているのか、どうしたら痛みが無くなるのか分からない!

このような症状でご来院されました。

原因分析

373056.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像
ぎっくり腰はある日突然やってくる痛みです。痛いだけではなく、立てない、歩けない、腰を曲げられない・反らせられない、うつ伏せになれない
等々、日常生活に支障が出るほど身体が動かせなくなります。
そのため、骨が外れたんじゃないか?関節がずれたんじゃないか?と思ってしまいがちです。
実際にはそのようなことはありません。

Iさんの場合、元々腰痛持ちですが、その痛みの原因は腰の筋肉の疲労によるものでした。
さらに腰だけでなく、お尻や足の筋肉も痛みは無いが、疲労している状態でした。
実はこれがぎっくり腰の原因となったようです。

腰の筋肉とお尻、足の筋肉は繋がっています。Iさんは仕事でこれらの筋肉を疲労させきってしまい、
最終的に腰を曲げた瞬間に限界に達しビキッ!と痛みが走ったのです。

一度限界に達した筋肉は過収縮が進み、腰や股関節が正常に動かせなくなります。
過収縮している筋肉を緩め、正常な柔軟性に戻すことで本来の身体の動きを取り戻すことができます。
痛みも筋肉中のトリガーポイントが引き起こしているようなので、併せて施術する必要があります。


施術経過

初回施術
動作テストを行うと、前かがみ動作の不安感と腰を後ろに反らす可動域が大幅に低下していた。
これは腰の筋肉の『腸腰筋』が固まっていることが予想される。
また、腰を支える筋肉に痛みが出たため、『腰方形筋』『起立筋』『中殿筋』が固まっていると思われる。
施術ではこれらの筋肉を丁寧に緩めていきます。
固すぎる筋肉の中にはトリガーポイントが潜んでいるため、併せて緊張を取り除いていきます。

施術後、腰を反らす動きはかなり改善しました。腰を曲げたり、立ち上がったりする動きは痛みが軽減したとの事。

最後に日常生活での腰の負担を軽減する身体の使い方を覚えて頂きました。

施術2回目
2日後にご来院。前回施術直後より腰の痛みや動きがさらに良くなってきたとの事。
施術は前回と同様です。

施術後に、腰痛を改善する体操を覚えて頂きました。

施術3回目
前回施術から3日後にご来院。腰の動きは大分良くなり、日常生活に支障が無くなってきたとの事。
腰を曲げる動作での痛みはまだあるようでした。
施術は前回の施術に加え、PNFという腰の筋肉をゆるめるストレッチを行いました。

施術後に、腰を曲げやすくするストレッチを覚えて頂きました。

施術4回目
前回施術から5日後にご来院。腰の痛みはほとんど無くなったとの事。
施術は前回の施術に加え、股関節の筋肉を緩めるストレッチを行いました。

施術後に、骨盤の動きを良くするストレッチを覚えて頂きました。

施術5回目~メンテナンス
ぎっくり腰の痛みは大分改善したようです。
調子が上がってきたので来院ペースを2週間に一度にして頂いています。

仕事が一日立ち仕事なので新たな負担や、腰の疲労は掛かり続けます。
そのため、お身体のメンテナンスのために定期的に通って頂いております。
身体の動かし方や、姿勢の矯正も随時進めていき、痛みの出にくい身体作りを目指して頂いております!


皆様の声 個室完備 facebook 大川カイロプラクティックグループとは? にしおぎ整体院ブログ 営業時間のご案内 ご予約・お問い合わせ 症例別の解説 頭・顔・首 肩・腕 腰・背中・胸 全体・自律神経系 臀部・脚 産前・産後のケア その他

ページトップへ