東京都杉並区・西荻窪駅の整体院|手のしびれ・ストレートネック・顎関節症・ゴルフ肘・ランナー膝・股関節症・産後の骨盤矯正・子連れOK・ぎっくり腰

お気軽にお問合せください

03-6913-6812

ランナー膝

適応症状

ランナー肘、ランニング障害の主な症状

・膝の外側が痛い

・膝の内側が痛い

・膝のお皿の下が痛い

・股関節が痛い

・お尻から股関節周りがこる

・足裏が痛い

・かかとの手前が痛い

・5km位走ると痛みが出る

・安静にしていても一向に良くならない

 

その他

・捻挫をしたことがある

・足がねじれた状態で走っている

・股関節が硬い

・準備体操やストレッチをしていない

ランニングで膝や股関節、足裏などを痛めて病院に行くと、「安静にして治るのを待ちなさい」「ランニングはしばらく控えなさい」などと言われる事がほとんどです。痛みが出始めの時期は安静にするのがベストですが、一週間以上痛みが続くようならそれはケガの痛みではありません。

ケガでない痛みは安静にしても治りませんので、当院の適応症状となります。

このようなご相談はありませんか?

☑ランナー膝、ランニング障害を治したい。

 →ランニング障害の改善に特化した治療があります。

 

☑病院で安静にして動かすなと言われた

 →一週間以上続く痛みはケガではないので、当院の施術で改善できます。

 

☑痛い治療は嫌だ

 →なるべく痛みの出ない施術を行います。しかし、元々炎症があった部分の痛みは、筋肉が癒着を起こしている場合があるので、痛みを伴う施術をする事があります。治ることが優先で施術します。

 

☑正しい走り方を教えてほしい

 →それは教えられません。しかし、痛みが出にくい体の使い方はアドバイス致します。

 

☑ランニングはやはり控えたほうがいいですか

 →症状の度合いによります。積極的に体を動かしたほうが良い場合もありますので、ご相談ください。マラソンの大会が近くてどうしても、という方はテーピングなどの施術もございます。

当院が行う施術

当院ではO脚に対し、以下の専門的な矯正を行います。

①筋肉へのアプローチ

②関節、骨の歪みの矯正

③生活習慣の改善

トリガーポイントへのアプローチ

安静にしていても治らない痛み、炎症は収まったはずなのに治らない痛み、それはトリガーポイントの痛みです。

(トリガーポイントについて詳しくはこちら)

トリガーポイントセラピーによって膝、股関節、足裏、腰などの痛みを取り除いていきます。

 

・慰安目的のマッサージとは違い、症状改善の為の施術です。

・施術は、「効いている痛み」、といった感覚です。「不快な痛み」「不必要な痛み」は無いのでご安心ください。

関節へのアプローチ

筋肉へのアプローチだけでは、ランニング障害を根本改善できません。

股関節、膝関節、足関節、骨盤、といった関節や骨格の歪みにまでアプローチしなくてはいけません。特にランナー障害を繰り返す人は、足部が回内足(オバープロネーション)である事が多いです。

当院スタッフは全員カイロプラクティックの技術を習得しておりますので、骨格調整を得意としております。

 

生活習慣へのアプローチ

こちらで症状を改善できても、日常生活に問題があるとまた痛みが戻ってきてしまいます。

当院では症状を改善するための、ホームエクササイズやセルフストレッチ等をご指導させて頂いております。

また、姿勢矯正や歩行矯正などもご指導いたしますので、生活習慣の根本改善も目指すことができます。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-6913-6812

営業時間:平日10時〜21時(最終受付20:00) 
     土日祝10時〜17時(最終受付16:00)

休診日:月曜日