東京都杉並区・西荻窪駅の整体院|マッサージ師も通う・肩こり・ストレートネック・顎関節症・腰痛・ぎっくり腰・産後の骨盤矯正・子連れOK

お気軽にお問合せください

03-6913-6812

頭痛を治すために必要なこと

頭痛には種類があります。緊張性頭痛、頚椎原生頭痛、群発頭痛、片頭痛、など様々な診断名があります。この中の緊張性頭痛というものが、トリガーポイントによる頭痛に分類されます。

 

頭痛において特徴的なのは、原因が頭部にあるのは稀である、という事です。

大部分の頭痛は、顎、首、肩~背部の筋肉のトリガーポイントから誘発されています。

この事実が、頭痛の原因の発見を妨げたり、間違った治療が行われる元凶となっています。

 

病院等で、緊張性頭痛以外の、片頭痛やその他の頭痛と診断されたとしても、トリガーポイント治療を試す価値はある。なぜなら、間違った診断を下しているケースが想像以上に多くあるし、トリガーポイントが活性化する事によってその他の頭痛を引き起こすこともあるからです。

 
 
 

頭痛に最も多く影響を及ぼす筋肉をいくつかご紹介いたします。

【頭板状筋(トウバンジョウキン)】

この筋肉のトリガーポイントは後頭部痛、頭頂部痛、目の奥の痛み、かすみ目、片頭痛の主要な原因ともなる。頭痛の原因の第一位ともなる筋肉です。

 

〇原因

頭板状筋の働きは、首を屈曲・伸展・回旋する動きです。トリガーポイントが形成されてしまう要因としては、頭を動かしすぎたり、頭が前に出るような悪い姿勢をし続けることで簡単に疲労してしまいます。また、ストレス等の感情的な緊張によっても短縮してしまいます。

 
 

【咬筋(コウキン)】

咬筋は顎を動かす筋肉で、主に咬むときに大きな力を発揮します。咬筋のトリガーポイントはいくつかの場所に痛みを生じさせます。

顎関節症の痛みとしては、顎全体に広がる痛み、顎関節の痛み、上下の歯に痛みを感じることもある。顎関節の動きを阻害し、顎が開け辛くなったり、顎を開けると痛みが出たりします。

 

また咬筋のトリガーポイントは、目のくまの原因の一つでもあります。さらに、耳の奥の痛み、耳閉感、耳鳴りを引き起こす事もあります。顔面に痛みを飛ばし、顔面神経痛と間違われることも。

 

〇原因

歯ぎしり、噛みしめ、ガムの咬み過ぎ、虫歯、うつむいた姿勢、等でトリガーポイントが形成される。

特にストレスや、歯の咬み合わせの悪さによる歯ぎしり、噛みしめは深刻な原因ともなりうる要因です。

 
 

次回は、【胸鎖乳突筋】という耳慣れまいかもしれませんが、頭痛に関りが深い筋肉についてご説明いたします。

お電話でのお問合せはこちら

03-6913-6812
営業時間
平日10時〜21時(最終受付20:00)
土日祝10時〜17時(最終受付16:00)
休診日
月曜日

お気軽にお問合せください。

お問合せフォーム

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。

必須

(例:山田太郎)

必須

(例:sample@yamadahp.jp)

テキストを入力してください